バストアップ(豊胸)のノウハウを自分のものにする

広告

 

 >

 

様々な形のバストに適切なブラジャー

 

バストには色々な形がある。

 

  • 垂れ乳
  • 離れ乳
  • 貧乳
  • 左右差 
  • ハミ乳
  • これらの総合
  •  

    バストは筋肉の土台があり、人体や皮膚と一緒に乳房を支えている。また、首から背中にかけて広がっている僧帽筋下部が背筋を伸ばし、肩を後ろに引くことでバストを引き上げる。つまり、残念なバストは人体や皮膚、僧帽筋に問題があるということになる。前傾姿勢で姿勢が悪いのがダメな理由は、ここにあったのだ。

     

    バストアップ

     

    家でのノーブラもだめ。バストは揺れに敏感で、普段の動きで靭帯が伸びる。寝る時もノーブラはだめ。またそのブラも、カップつきキャミやベアトップは、揺れやすいうえに押さえつけてしまうことで形くずれの原因になる。

     

    その他、ホールド力の弱いスポーツブラや、カップがついていてブラジャー一体型のスポーツウェアもだめ。特にスポーツは揺れ放題だから、ホールドの強いものでなければダメ。また、見た目の可愛さを重視して、自分に合わない、機能性を選ばない人もだめ。

     

     

     

    コンプレックスに関するその他の情報

    ニキビ

    ニキビ

    ニキビのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP