バストアップ(豊胸)のノウハウを自分のものにする

広告

 

 >

 

バストアップの基本中の基本は『食事、睡眠、運動』

 

バストアップの対策は、エクササイズもそうだし、女性ホルモンの分泌を減らさないようにすることがポイント。

 

  • 1.ストレスをためない
  • 2.煙草を吸わない
  • 3.夜更かしや偏食を避け、規則正しい生活をする
  • 4.正しい下着をつける
  •  

    等に注意するべきである。とくにタバコやストレスは、女性ホルモンの分泌を低下させる最たるもの。

     

    バストアップ

     

    また、食事を摂らないなどの過激なダイエットや偏食、いきすぎた過食などを繰り返していると、ホルモンの分泌の命令を出す視床下部の中枢がダメージを受け、女性ホルモンの分泌が妨げられる。そうすると胸にボリュームや張りがなくなり、シワまでできてしまうことになる。ダイエットをしたら胸が痩せた気がする、というのは気のせいではないのだ。

     

    バストアップ

     

    バストは脂肪だから過度なダイエットはNG。だが、適度なダイエットは、シルエットを綺麗にするということでも、やった方が良い。

     

    炭水化物のとりすぎもNG。バストを吊り上げている靭帯や皮膚もたんぱく質からできているため、たんぱく質が不足するとバストからやせることになる。また、炭水化物に含まれる糖質は、とりすぎると身体のたんぱく質を変異させて、かたく、もろくする糖化を起こす。

     

    バストアップ

     

    また、白糖(白い砂糖)は体を冷やす性質があるのでNG。身体が冷えると、バストに必要な酸素や栄養素の運搬が滞りがちになる。また、皮膚や筋肉のコンディションが悪くなる。また、体内の下水道といわれるリンパの流れも悪くなり、老廃物がたまっていき、新陳代謝が下がる。すると、皮膚や筋肉の再生に悪影響を及ぼす。

     

    バストアップ

     

    夏でもシャワーだけにせず、ぬるめでも湯船につかって体を温めることがよし。以前ミスユニバースに選ばれた女性も夏でも温茶を飲んでいたのを見たが、徹底して体を冷やさない考え方は、美容の基本中の基本とも言えるだろう。

     

    バストアップ

     

    そう考えると、バストアップのポイントというのは、

     

  • よい筋肉をつける
  • 適度な脂肪をつける
  • 正しいブラジャーをつける
  • 女性ホルモンを活発化させる
  • 身体を冷やさない
  •  

    ということが挙げられることになる。

     

    また、背中が丸まり、僧帽筋が弱まると、猫背になり、顔がたるみ、胸が垂れ、おなかぽっこりになる。これらの連鎖は男にも当てはまるが、デスクワークをしている人にとっては、最適なデスクと椅子を確保することがポイントとなるだろう

     

    バストアップ

     

    基本、うつ病あがり症EDワキガ口臭薄毛等といったこれらのよくある人間のコンプレックス的な問題は、『食事、睡眠、運動』という基本中の基本を、極めて最適化することで、ホルモンや脳内物質のバランスを最適化し、美と健康を維持、向上させることが出来る。これは、全ての専門書を見れば明らかになることだ。タバコやストレスも、全ての専門書に必ず『NGだ』と出て来る。

     

    それらの問題を抱えている人は、全てこうした『王道』から『勝手に』逸れ、エゴを貫いた結果、そのツケを払った。例えばこうして、『背筋が王道から逸れた』ということだけで、胸が垂れ、おなかがぽっこりし、二十顎になる。これも、『誠実』な人なら、背筋がちゃんとしているのだ。

     

    バストアップ

     

    つまり、問題を表面化させている人は、自分の心に何かしらの歪んだ問題があるだけだ。好きな時に寝れて、好きなだけ隠蔽でき、好きなだけ食べれて、好きなだけ崩せる。この、監視カメラも集音マイクもついていない一生の中で、どれだけ『王道から逸れようとする魔性(ませい。怠惰や嫉妬、憤怒や強欲等)』に打ち克ち、勝利を収めるか。全ての人間は、常に自分との闘いが求められている。

     

    バストアップ

     

     

    関連記事

  • 理想の美乳になるための美乳3大アプローチとは
  •  

     

    コンプレックスに関するその他の情報

    ニキビ

    ニキビ

    ニキビのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP